毛穴の開きを治したいというのは若い方から幅広い年齢層の女性が持つ悩みの一つです。

顔の毛穴が開くとどうしても目立ちますしメイクで隠そうとしてもうまくカバー出来ないのが難点です。

カバーどころかメイクノリも悪くなるので、普通にメイクをするのも大変になってしまいます。

どうして毛穴の開きが出来てしまうのか?

治したいと思っている方は、自分でどうすれば治すことが出来るのでしょうか?

【毛穴の開きの原因】
・いつもの洗顔では汚れが落とし切れていない

・もともと脂性肌である

・スキンケアが正しく行われていない

以上のようなことが挙げられます。

毛穴の働きは、皮脂を排出して乾燥からガードし、外からのほこりやバイ菌などの異物が入らないように予防することです。

毛穴は皮脂と一緒に老廃物も一緒に排出するので肌のデトックス作用もありますし、それと同時に体温調節も行ってくれます。

開きやすい穴であることは間違いないようですが、皮脂や汗の分泌が活発な場所だからこそ1日の汚れをきちんと落とすこと、その後にちゃんと保湿してあげることが重要となります。

【毛穴の開きを治す方法】

・洗顔で汚れをしっかり落とすこと
たいてい、朝と晩の2回は毎日洗顔すると思います。

特に夜は、昼間メイクをしていた方はそのメイクも落とさなくてはいけないので、夜の洗顔は丁寧に行わなくてはいけません。

洗顔料が強いメイク落としや洗顔料を使ってしまうと必要な皮脂まで奪われてしまい、肌が乾燥してしまうので肌に負担がかからないものを選んで使いましょう。

洗顔料はしっかりと泡立てて泡洗顔を行い、ごしごし洗うようなことはしてはいけません。

すすぎもぬるま湯で行い、熱いお湯などで行うようなことは避けましょう。

熱いお湯も皮脂が奪われてしまい、肌がカサカサになります。

脂性肌の方は、何度も洗顔したくなるかもしれませんが、多くても2回までにし、過剰に洗顔することは行わないようにしましょう。


・肌の保湿をしっかり行うこと
肌の乾燥は、毛穴の開きだけではなく他にも様々な肌トラブルを引き起こしてしまう・・・というよりも肌環境の悪化は「乾燥」が主な原因と言っていいでしょう。

ですので、洗顔をした後はすぐに保湿したほうが肌と自分の為です。

一番外側の部分の皮脂膜が乾燥からガードしていますが、その皮脂膜が奪われてしまうと肌がガサガサに乾燥し皮膚が収縮して毛穴が引っ張られてしまい毛穴が開いてしまうんです。

洗顔後は、出来る限り早く保湿するようにし、肌に潤いを与えるようにしてください。
そうすることで乾燥肌にならないように予防ができるし、毛穴の開きも改善されていくでしょう。

上記のことを踏まえると、毛穴の開きを治したいという方が一番気を付けなくてはいけないのは保湿になります。

肌に浸透しやすい基礎化粧品を使い、洗顔後にすぐに付ける!というところから毛穴の開きを治すために始めてみて下さい。

毛穴の開きを治したいという方は、原因を知って自分はどの程度悪化しているのかを正面からとらえて、正しい洗顔と保湿を行うようにして下さいね。