肌の水分量を上げる方法の存在はご存知ですか?

肌の水分量が奪われてしまうと様々な肌トラブルが起きる原因となるのでこの方法はかなり重要です。

ただ、肌の水分量を上げようと思った時にすぐにその方法が浮かばないかもしれませんね。

保湿するだけでいいんじゃないの?と思われがちですが、あなたのスキンケアできちんと肌の奥に保水できているのでしょうか?

このページでは、自宅で出来る肌の水分量を上げる方法について書いていきます。
コスパ的にも良いので読み進めてみてください。

肌の水分量が減少する原因

肌は、水分量80%、油分量20%がベストな状態だそうです。

しかし、何かが原因となって水分量は奪われてしまい、
バランスが悪い肌になってしまうことがよくあります。

細胞間脂質が減る

細胞間脂質とは、セラミドなど肌の水分量を保持しているものです。

この細胞間脂質は、加齢などでどんどん減少してしまうので水分量も減ってしまいます。

間違ったスキンケアをしている

クレンジング、洗顔、スキンケアの際にゴシゴシこすったりしていることはないですか?

こする行為は、肌に摩擦を与えることでダメージを受けています。
こうなると、キメが荒れ、肌のバリア機能も低下してしまい、角質層に隙間が出来ます。

隙間が出来てしまうということは、
その隙間から水分が蒸発しやすいということになり、水分量がどんどん減少(蒸発)してしまうんですね。

自宅で出来る肌の水分量を上げる方法

水分量が減少してしまうと肌から弾力やハリも奪われてしまうので、
シワ、たるみといった肌悩みも増えてしまいます。

自宅で出来る肌の水分量を上げる方法を行い、
水分量を再びアップ出来るようにしましょう。

皮脂を落としすぎないクレンジングと洗顔

クレンジングや洗顔をする際、洗浄力重視でクレンジング剤や洗顔フォームを選ばまいこと。
必要に以上に皮脂を奪われてしまわないように、お肌に優しいタイプをチョイスしてください。

汚れはきっちり落とさないと毛穴の黒ずみや肌荒れの原因となってしまいますが、
クレンジングや洗顔でキレイにすることと同時に肌の水分や油分なども奪われてし待っていることを理解しておきましょう。

これでは肌をキレイに洗浄しても意味がありませんよね。

洗浄力が低いとついついゴシゴシこすってしまいがちですが、そんなに摩擦を与えなくても充分に汚れは落ちます。
肌に優しく触れて出来る限り摩擦を与えないように気を付けると、肌のキメが粗くなることはありません。

クレンジングや洗顔の際にこすって摩擦を与えることで、肌のバリア機能が低下してしまう。
そうすると、水分はどんどん蒸発してしまうことになります。

また、洗顔時はたっぷりの泡とその弾力で洗顔し優しく洗い流しましょう。

夜はメイクを落とさなくてはいけないので、
クレンジング、洗顔としっかり行わないといけませんが、
朝はぬるま湯で洗うだけで大丈夫なんですよ。

タオルで拭く時もゴシゴシするのではなく、水分をタオルに吸い込ませるように優しくふき取りましょう。

洗顔後はすぐ保湿して潤いを逃がさない!

洗顔後、乾くまで放っていたのであれば要注意です。

化粧水をすぐに付けないで少し時間を空けて付けるとなると、肌からどんどん水分が蒸発していきます。
せっかく洗顔してキレイになった肌、最も化粧水を吸収してくれる肌状態の時に保湿しないなんて勿体ない!

ココ、間違っている女性が多いので

洗顔後は、出来る限りすぐに化粧水を付けること。
このルールをお守りください。

高い保湿成分が配合されている化粧水を使う

水分量を上げる方法として考えた場合、
高い保湿成分が入っている化粧水を使うことは必須条件と言っても良い。

保湿効果が高いと言われている成分は「ヒト型セラミド」という成分です。

他には「コラーゲン」「ヒアルロン酸」です。

これらの成分が配合されている化粧品、もしくはその元となるアミノ酸配合のものなど使ってケアすれば肌に保水される為、水分量が増えていきますよ。

化粧水を付けるのは手がいいの?それともコットン?

化粧水は手で付けている方が多いかもしれません。
化粧水によっては手に取ってしまうと、手に吸収されてしまうことがよくあります。

しかし総合的に見ても手のひらで付けるのが第一だとされています。

なぜならコットンを使うと肌に摩擦を与えてしまうからです。

使う化粧水によっては、コットンを使ってと書いてあるかもしれませんね。
その場合は、用法に従った方が効果的なのでしょうけど、基本的には手のひらで化粧水を肌に入れ込む感じで使った方が良いとされています。

コットンパックする

肌の乾燥がひどい時や時間がある時は、コットンにたっぷりと化粧水を含ませてパックをすると、肌がふっくらします。

その時に気を付けなくてはいけないのが、
”コットンが乾燥する前に終わらせる”
ということです。

コットンが乾燥してしまうまで行うと、
肌の水分をコットンが吸い取ってしまい
余計肌の水分量を減らしてしまうことになるからです。

化粧水の後には乳液やクリームで蓋をする

化粧水を付けると、肌がとても保湿されたように感じますが、
その後に乳液やクリームを付けないと、
本格的に保湿ケアをしたことにはならないんです。

水分が蒸発しないように乳液やクリームなど油分多めのアイテムで
しっかりと蓋をしてあげるようにしましょう。

肌の水分量を上げる方法をいくつか挙げましたが、
どれも難しいことではないと思います。

水分量が減少すると、肌トラブルが増えてしまうので、
しっかりとケアして水分量をアップしてあげましょう。

水分量をアップしてくれる美容成分「卵殻膜」95%高濃度配合の美容液
⇒ビューティーオープナーの定期購入 最安値をチェック!