年齢とともに肌のたるみに悩まされますが、肌のたるみに効く化粧水を使うと良いとのこと。

この化粧水にはどんな成分が配合されているのかさえ知れば、商品選びに失敗しないはずなので調査してみました。

”肌のたるみが悩み~”と言っても、年齢的に仕方ないか…と諦めている方も多い。
ちゃんと原因に応じて対処した方が確実なのでまずはここをはっきりさせましょう!

主な原因は、加齢や乾燥、紫外線の浴びすぎなどです。

加齢によって肌からハリや弾力がだんだん奪われてしまうとたるみに歯止めがかけられなくなります。
実年齢よりも上に見せてしまうので、かなり厄介な悩みとなります。

そこで、奪われてしまった成分を肌表面からケアをするのであれば、肌のたるみに効く化粧品を使って補給することである程度の対策が出来ます。

出来る限り効果が高く、長く使えるものを選び、毎日のスキンケアが重要になってきます。

ということで、肌のたるみに効く化粧水に配合されている成分はどんなものがあるのか?調査してきました。

成分の調査結果は意外と使っている可能性が高い!?

肌のたるみに効く化粧水はたくさん販売されていますが、次にご紹介する成分が配合されているものが多い事が分かりました。

・ビタミンC誘導体

エイジングケアを行い衰えた肌にハリを与えてくれます。

紫外線からの影響も表面化しないように予防する働きがあるので肌の老化のスピードも弱めてくれます。

繊維芽細胞を活性化してくれるので肌にハリが出始め、シワも伸びてたるみ解消へと導いてくれます。

・レチノール

肌への吸収率がとても高い成分です。

肌のターンオーバー、コラーゲン生成を促進し、ハリや弾力をよみがえらせてシワを改善する働きがあります。

こちらもビタミンC誘導体と同様で線維芽細胞を活性化してくれます。

・ペプチド

ハリを与えてシワを改善し、肌のターンオーバーを促し正常に戻す働きがあります。

潤いを与えるコラーゲンとエラスチンを生成してくれる効果も持っています。

・セラミド

保湿効果がとても優れており、最強と言われている成分です。

肌にとても浸透しやすい性質も持っていて水分を細胞と細胞の間に挟みこんでキープし、肌を潤いで満たしてくれます。

・ヒアルロン酸

この成分は、水分を蓄える力がとても優れています。

肌に充分な水分を与えてくれるので弾力がよみがえり、ふっくら肌になりたるみ改善を行ってくれます。

・コラーゲン

保湿効果に優れており、肌にハリや弾力も与えます。

もともとは肌の中にあるものですが、40代になるとピーク時の約半分にまで減少します。

「ビタミンC誘導体」「レチノール」「ペプチド」は、肌にハリを与える効果が特に優れています。

「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」は高保湿成分と言われており、乾燥して肌から弾力やハリが奪われてたるみがちな肌に効果を発揮します。

肌のたるみに効く化粧水を選ぶ時は、これらの6つの成分のどれかが配合されているもの、組み合わせて配合されているものを選分と良いです。

肌の状態によって、また肌との相性やテクスチャーの好き嫌いがあるので自分に合うもの選ぶ参考にしてください。

ちなみに…

もし美顔器をお持ちならビタミンC誘導体を使ってイオン導入するとコラーゲン生成を促進し、肌のハリを取り戻す効果、さらにはセラミドの合成も促進させる効果があります。
潤いある肌を保つことができるのでおススメのケア方法です。

理想的なのはビタミンC誘導体の化粧水を使う前に導入美容液を使うと、より浸透力がアップし相乗効果が期待できます。