目の下のしわがあると、疲れた感じに見せてしまったり、
年齢を感じさせてしまいやすいですよね?

若い時は、ハリがあった目の下も
気付くとハリや弾力が奪われてしまって
しわが出来てしまっていたり…

目の下のしわがひどくなってしまったら、
どうしたら良いのでしょうか?

早く治す方法はないのでしょうか?

まず初めに、目の下のしわが出来てしまう原因から
考えてみることにします。

目の下は、もともととてもデリケートな部分で、
皮膚はとても薄くて0.5ミリ程しかないんです。

それでいて、目は毎日仕事や勉強や趣味などで
とても酷使してしまいますので、
目の下のしわも出来やすいんです。

乾燥もしやすい部分なのですが、
他の部分と同じケアしかしていなければ、
当然のように目の下のしわは出来てしまうんですね。

加齢や紫外線などの影響で、乾燥しやすくなりますので、
年齢を重ねる毎に乾燥ケアはしっかりしないといけません。

そして、目元は目力アップさせるために
アイメイクをする方が多いですよね?

このアイメイク自体も良くないのですが、
これを落とす際のクレンジングも刺激になります。

マスカラやアイラインは、全て落とさないといけませんが、
一生懸命力を入れてクレンジングしてしまうと、
目をごしごしとこすることになってしまいますので、
しわが出来やすくなってしまうんです。

肌のたるみも目の下のしわの原因になりますが、
ほほがたるんで下がると、目の下の皮膚も下がってしまいます。

そうすると、さらに目の下の皮膚は薄くなるので、
しわがとても出来やすい状態になってしまうんです。

目の下のしわを治すためには、
どうしたら良いものでしょうか?

まずは、アイメイクをばっちりしているという方は、
それを控えるようにしてみましょう。

アイメイクをすっかりやめることは無理、
という方は、する回数を減らすことから始めます。

アイメイクを落とす時のクレンジング剤は、
合成界面活性剤などが入っていないものを使い、
優しく落とすようにします。

目の下の皮膚は乾燥しやすいとお話ししましたが、
保湿に力を入れて潤いを与えるようにしましょう。

洗顔後には化粧水を馴染ませてから、
ヒト型セラミドなどの肌バリアをアップさせる成分配合の
クリームで蓋をします。

目の下の乾燥を予防することが出来ると、
ふっくらとしてくるので、出来てしまったしわも
かなり目立たなくなります。

クリームを塗ってから、ホットタオルを当てる、
というケアもおすすめです。

こうすると、クリームの浸透力がアップします。

ホットタオルは1~2分程当てて、
その後に冷たいタオルを当ててクールダウンさせましょう。

目の下のしわはとてもやっかいなものですが、
出来るケアから始めて、出来るだけ目立たせなくしましょうね。