ビューティーオープナーとクロノセルは、どっちが買なのか?比べてみました!

どちらが効果的で、価格はどうなっているのか?
気になっている点を徹底的に比較したので参考になればと思います。

ビューティーオープナーとクロノセル 美容液の特徴を比較

まずは、ビューティーオープナーとクロノセルはどちらも美容液ですが、一つずつ特徴をまとめて比較してみました。

ビューティーオープナー 美容液の特徴

ビューティーオープナーは、ブースターの役割をしてくれて、
別名卵殻膜美容液と呼ばれている、卵殻膜エキス配合の美容液です。

加齢などが原因で元気がなくなり、ハリや弾力が奪われてしまった肌に
再び元気を与えて健やかな肌にしてくれるビューティーオープナー。

いつものスキンケアと相性が良く、1本加えるだけで「肌にハリが戻った」「再び弾力を感じた」という声が多くある導入美容液。

洗顔後の肌に一番最初に馴染ませるビューティーオープナーは、
その後に使う化粧水などのスキンケア用品の肌への浸透を格段に良くしてくれる作用があります。

ビューティーオープナーを1つ足すだけなので、
今までのスキンケアアイテムは使い続けることが出来る為、便利なエイジングケア美容液です。

卵殻膜は、卵の殻の内側にある膜のことで栄養豊富な成分。

どんな作用があるかというと…

繊維芽細胞というコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった
真皮の成分となるものを作り出す細胞を増やす作用があるので、
Ⅲ型コラーゲンの働きをサポートしてくれます。

Ⅲ型コラーゲンは、ベビーコラーゲンとも言われており、
赤ちゃんの肌にたっぷりあるコラーゲンなのですが、
これの働きを助けてくれるということは、
肌にハリやツヤ、弾力を蘇らせてくれるんですよ。

ビューティーオープナーを洗顔後にすぐに馴染ませて、
次に他のスキンケアアイテムを馴染ませることで、
どんどん肌に入っていき、以前よりもしっかりと保湿されますし、
卵殻膜のおかげで肌は弾力が出てもっちりふっくらとしてきます。

防腐剤や鉱物油など5つの添加物などが不使用です。

クロノセル 美容液の特徴

クロノセルは、エイジレスステムブースターという「土台美容液」と呼ばれています。

くすみ、黒ずみ、ハリ不足を感じている方におすすめのクロノセルです。

こちらの美容液も洗顔後一番最初に使うタイプです。

またビューティーオープナーと同じく、スキンケアの前に1つ取り入れるだけなので、コスパ抜群で使いやすいアイテムです。

成分の特徴としては、

3つのヒト幹細胞培養液が配合されており、
3種のグロースファクターも配合、
美肌菌の肌フローラにも着目されています。

その成分の作用としては、

3つのヒト幹細胞培養液のおかげで、
グロースファクター(成長因子)の分泌量No.1ですし、
美肌必須成分を生成し、肌を土台から立て直してくれます。

3種グロースファクターも肌のためにいろいろと作用します。

EGF/ヒトオリゴペプチド‐1がくすみやごわつきを対策し、
FGF/ヒトオリゴペプチド‐13は、肌に潤いを与えてくれて、
IGF/合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド‐31は、
ハリや弾力を蘇らせてくれます。

美肌菌の肌フローラを整えて、肌荒れや乾燥を予防し、
肌を良い状態にキープしてくれます。

鉱物油・合成香料・パラベンなど、
7つの無添加処方のクロノセルです。

特徴比較まとめ

ビューティーオープナーもクロノセルも
洗顔後すぐに馴染ませる美容液で、
ブースターの役割を果たしてくれるものです。

ビューティーオープナーは卵殻膜エキス、
クロノセルはヒト幹細胞培養液というように、
どちらも加齢肌をよみがえらせるための成分が
しっかりと入っています。

ビューティーオープナーは5つの不使用、
クロノセルは7つの無添加処方というように、
どちらも肌に悪いと言われているものを極力使っていません。

ビューティーオープナーとクロノセルの価格比較

ビューティーオープナーの価格

ビューティーオープナーは18ml入りで
通常価格5,800円です。

定期コースで申し込みをするともっとお得に購入出来ます。

初回はなんと65%オフで、
1,980円で購入することが出来ますよ。

2回目以降は23%オフの4,466円で購入出来て、
定期コースはずっと送料無料で届けてもらえます。

回数縛りがないので、いつでも周期変更やお休み、
解約をすることが出来ます。

クロノセルの価格

クロノセルは、30ml入りで、
通常価格15,000円です。

結構、高価な美容液ですよね?

ラクトクコースという定期コースで申し込みしたら、
初回は80%オフの2,980円で購入出来ます。

2回目以降は34%オフの9,800円で購入出来て、
ずっと送料無料で届けてもらえます。

最低4回の継続がお約束で、
4回目以降は好きな時に解約やお休みもすることが出来ます。

※価格は全て税抜価格で表示

まとめ

ビューティーオープナーもクロノセルも
美容液としては割と高めの価格です。

特に、クロノセルは通常価格が1万円を超えているので、
なかなか手に入れようとする方は少ないかもしれませんが、
どちらも定期コースで申し込みをすることで、
通常価格よりもお安く購入出来ます。

しかし、クロノセルは定期コースでも高めですので、
ちょっとハードルが高いのには違いありませんね。

定期コースは回数縛りがあるかないかも大きな問題ですが、
クロノセルには4回の継続がお約束としてあります。

ビューティーオープナーとクロノセルの比較をしてみました。

それぞれの特徴と価格についての比較をしてみましたが、
いかがだったでしょうか?

ご覧になっている方の参考になっていると嬉しいです。