ビューティーオープナージェル

ビューティーオープナージェルの成分

ビューティーオープナーを購入すると特典でプレゼントとしてついてくる「ビューティーオープナージェル」

実は、1本で6役も担ってくれる優秀なオールインワンジェルなのです。

忙しくて、ケアの時間が十分にとれないけど美肌はキープしたい!という女性の為に作られたもの。

ビューティーオープナージェル,オールインワンジェル

ビューティーオープナージェルの成分から副作用の心配など、使う前に敏感肌の方が特に知りたい情報を徹底調査してまとめました。

また、実際に使った使用感や感想もお伝えしていきます。

>>ビューティーオープナージェルの公式HPで口コミを見てみる

ビューティーオープナージェルの成分を徹底解析

ズボラさんでもひと塗りでエイジングケアができる「ビューティーオープナージェル」

代表的な成分は

「卵殻膜」
「プロテオグリカン」
「プラセンタエキス」
「エラスチン」
「セラミド」

どんな働きがあって、私たちの肌にどんな効果をもたらしてくれるのか?
分かりやすく説明していきます。

・卵殻膜

ビューティーオープナー,ビューティーオープナー 定期

この卵殻膜は、ビューティーオープナージェルの一番ポイントとなっている成分です。

鶏の卵由来のものが配合されていますが、
卵の殻の内側にある薄皮のことです。

人の肌に近いアミノ酸が18種類も入っているて、
人の肌に近いアミノ酸からできているので、化粧品として肌なじみが良いのが特長です。

最大の働きは、Ⅲ型コラーゲンとう別名ベビーコラーゲンの
働きを助けることです。

老化で衰えてしまった肌が、赤ちゃんの素肌のようにハリがあり弾力がある肌へと導く効果があります。

美肌成分の「シスチン」を多く含んでいる成分として「卵殻膜」は美容業界から非常に注目されています。

ちなみに「シスチン」について軽く説明しておくと…
シスチンは体内でL-システインに変化し、シミ・そばかす用として販売されている商品に配合されていることでも有名です。
卵殻膜には、天然美肌成分が他の成分と比べものにならないくらい多く含まれています。

卵殻膜,シスチン

・プロテオグリカン

プロテオグリカンには、このコラーゲンとヒアルロン酸の生成を促進する力があるとされている成分です。

肌の保湿に優れて保水力が優秀なので、
今まで乾燥肌で長年悩んでいた方も肌の奥から保湿することが出来て、しっとり肌を手に入れることが出来ます。

加えて、新陳代謝を促す作用も持ち合わせているのでキメの整った肌に導いてくれます。

・プラセンタエキス

プラセンタとは、哺乳類の胎盤のことで
化粧品を指す場合は、胎盤から抽出されたエキスのことを言います。

プラセンタには数十種類のアミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素、核酸、ムコ多糖類、活性ペプチドなど細胞の形成や成長をサポートする為、「成長因子」が豊富に含まれています。

よって、肌の新陳代謝の向上促進、肌のハリ、線維芽細胞の活性化など細胞が活性する力を高めて、若々しい肌に生まれ変わらせてくれます。

その他にも活性酸素の発生も抑えてくれる作用もあるので、
アンチエイジング効果も高いので、肌を若返らせたい方にぴったりの成分です。

・エラスチン

エラスチンは、しなやかで伸縮性(弾性)があり、力を外すと元へ戻る性質を持ちます。
一方、コラーゲンは強度のあるタンパク質で、伸びたり縮んだりせず引っ張りに強い。
エラスチンの役割は、コラーゲンの繊維を支えることです。

なので、肌からハリなどがなくなり、たるんだりした時は、
エラスチンが減少しているということが言えます。

・セラミド

保湿成分として、最も優れていると言われている成分です。

セラミドを生成するピークは赤ちゃんの時で、それ以降はどんどん減っていく美肌成分の1つです。

セラミド減少に伴って、肌が乾燥したりシワやたるみができたりするだけでなく、バリア機能も低下します。

セラミドは、化粧品の成分が浸透しやすい角質層に存在しているもので、肌なじみが良いものです。

スキンケアとして使うと、肌への浸透率が抜群で細胞と細胞の間に水分を挟み込み保持してくれ、乾いた肌をしっかりと保湿することが出来ます。

・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(APIS)

ビタミンC誘導体として配合されています。
イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(APIS)は、最新型ビタミンC誘導体と言われていて非常に優れた抗酸化作用があります。
美白・エイジングケアなどの効果が期待できます。

・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液

乳酸や果汁由来の糖類やミネラル類といった成分は保湿作用に優れ、肌にうるおいを与えます。
ブドウ果汁を乳酸桿菌で発酵ろ過させることで生まれるAHA(フルーツ酸)との相乗効果が期待できる。させた発酵代謝物から得られるエキスです。

・カラスムギ穀粒エキス

カラスムギから採れる天然ポリオース(高分子の糖)の張力効果があるので、肌のハリを高めてくれる。
リフトアップ感覚をもたらしてくれ、弾力のある肌へと導くのでハリを保ってくれる。

・コルクガシ樹皮エキス

ハリを与える効果が立証されている油溶性植物エキス。
肌をなめらかに整えて引き締め効果があり、肌絵をリフトアップしてくれます。

肌の小じわ対策にもなる、薄くなっているという検証結果もあるそうです。

・キサンタンガムクロスポリマー

クイックリフトとも言われていて、肌表面に皮膜を作ることでハリ感をもたらしてくれる成分。
エイジングケアの基礎化粧品やファンデーションベースなどに使われています。

ビューティーオープナージェルの成分の副作用も徹底調査

主な成分を先にご紹介しました。
それぞれ、気になる副作用はあるのでしょうか?

・卵殻膜

卵由来の成分なので、卵アレルギーの方は心配しますが、
アレルギーの原因となる卵白は使用していないため、
アレルギーは起こりにくいと言われています。

しかし、絶対に起こらないとは言い切れませんので、
気を付けて使うようにしましょう。

・BG(ブチレングリコール)

保湿剤としていろいろなコスメに配合されている成分です。

副作用とまでは行きませんが、刺激を感じることがあり、
特に目に入ると痛いです。

・ペンチレングリコール

こちらも保湿剤として配合されています。

石油由来の酸化プロペリンから化学合成された多価アルコールです。

ごく稀にアレルギー反応を起こす方がおり、
赤くなったり、かゆくなったりします。

ただ、ほぼ副作用として報告されたことはありません。

安全性が気になる成分

・エタノール

定番成分の一つで植物エキスを抽出する溶剤が目的だったり、防腐剤としてなど色々な役割で配合されています。

市販の化粧品でもよく見かける成分で、刺激が出ないのですが肌荒れや炎症がある場合は刺激を感じる場合があります。

・PEG-32

多価アルコールの一種で水溶性ポリマーです。
水分を含んで閉じ込めておく作用があるので、保湿液として使われている成分。
この成分の安全性は高いと言われています。

・フェノキシエタノール

微生物の増殖を防ぎ、化粧品の品質を守る防腐剤として使用されている成分です。
安全性が高く刺激などないのですが、肌に炎症がある場合だと稀に刺激を感じることがあります。

好みが分かれやすい成分

・ジメチコン

最も代表的なシリコーン油で油分を配合するあらゆる製品に感触調整剤として広く用いられています。

ベタツキ感が出ることがあって好みが分かれる成分ですが、ビューティーオープナージェルに関してはどうでしょうか?

実際に使ってみると、被膜感は多少ありますが気になるほどではなく使いやすいオールインワンタイプです。

ジメチコンが苦手な方、あのベタツキ感が…という方も気にせず使っていただけるかなと感じてます。

成分の副作用まとめ

特別お肌に刺激を与えるような成分が配合してあるわけではありませんが、注視しながら使ってみることをオススメします。

特に、敏感な肌だという自覚がある方、化粧品を使って肌荒れしたことがある方は、首周辺から使ってパッチテストを行うことをオススメします。

私は毎回そうしてます。
肌荒れしたら取り戻すのに最低でも10日かかりますので!

成分の説明をしてきましたが、実際に使った人たちの感想を参考にした方が良いので、

ビューティーオープナージェルを使った方々の評価について、副作用なども含め調査してみました。

ビューティーオープナージェルの口コミ評価について調査報告

ビューティーオープナージェルの使用感が気になる方、
どんな効果が実感できるのか?など

実際に使ってみた口コミ評価について見ていきたいと思います。

(参考サイト:アットコスメ,amazon,楽天市場)

良い口コミ評価

ビューティーオープナー美容液とのコンビ使いを推奨します。
ジェルだけでも肌がプリプリのモチモチになるのですが、ビューティーオープナーの導入美容液を先に使うとより肌の調子が上がり、毛穴も気にならなくなります。
自分にとってはオールインワンジェルを使った中では、最高の肌になれたと思います。
ぷるぷるな肌になるし、年中乾燥していた肌があんなにモチモチになるとはビックリです。
毛穴も引き締まって、わりと短期間で肌の変化を実感できたと思います。
ふっくらとした肌に仕上がるので、乾燥肌の私にはあっているかな。
夜に塗ると翌朝の肌がつるつるです。
他の方も言ってるように多少ベタツキがきになるかもしれませんが夜使うから関係ないと思っています。
それよりもふっくらした肌、ほうれい線が目立たなくなっていることを考えるとベタツキは気にならない程度の事です。
ジェルはビューティーオープナー美容液のおまけでミニサイズを使いました。
単品で使うよりも美容液と一緒に使った方が効果が格段に上がります。
ビューティーオープナージェルを使うと伸びも良くてすぐなじむので、さっぱり使いたい方にはおすすめです。
さっぱり使いといっても夜塗って翌朝の肌はもっちり肌になっています。
ミニサイズを使ってみて良かったのでキャンペーンで1ヶ月サイズを購入。
肌に伸ばして馴染ませると多少のベタツキ感がありますが、朝にはサラッとしてます。
油分で膜が張った感じも無くて使いやすかったです。

悪い口コミ評価

ジェルなので確かに伸びも良いし肌への吸収も良い気がします。
しかし、毛穴の状態は依然と変わっていない感じがする。
しっかり保湿はされているようですが…
ニオイが臭くて気持ちが悪くなってしまいました、
ハリと潤いを保つのには効き目があるようですが、ニオイが耐えられず断念しました。
期待していたほどでもなかったというのが正直な感想。
少量でもちもち肌になるけど、目覚ましい変化がなかった
まずあのニオイが微妙すぎて、もう一ヶ月頑張る気になれないかな。

ビューティーオープナージェルの口コミまとめ

良い口コミと悪い口コミのまとめになります。

ビューティーオープナージェルの口コミ件数は美容液に比べると少な目でした。
オールインワンジェルの中でも評判がよく売れている商品ですが、ジェルよりも美容液の方が有名すぎて使うなら…美容液になるのかもしれません。

良い口コミとしては肌にハリが出る」「ほうれい線が気にならなくなる」「毛穴が目立たなくなる」「モチモチ肌になるというようなコメントがありました。

肌のハリなどに優れた効果を発揮するようで、卵殻膜エキスなど年齢肌へのアプローチが期待できる成分が豊富なのがポイントでしょう。

また、ハリが出ることでたるみ毛穴やほうれい線、小ジワが目立たなくなることが考えられるので、エイジングケアに期待が持てます。

一方で悪い口コミとしては「ニオイが好みではない」「期待外れだった」などという意見がありました。

年齢肌へのアプローチが出来るとは言え、深いしわやたるみだと短期間で目に見えた効果が実感できない場合もあります。

肌のターンオーバー期間は年齢と共に遅れていきます。
40代になると45日以上になるといわれていて、それ位の期間は様子を見て使ってみることがおすすめです。

ビューティーオープナーの卵殻膜エキスの効果について

卵殻膜エキスが高配合されているのは、ジェルよりもビューティーオープナー美容液の方なので
年齢肌の対策を本気でやりたい場合は、まずは今使っているスキンケアにビューティーオープナーを導入美容液として取り入れることがおすすめです。

>>「ビューティオープナー」1,980円の公式初回限定価格キャンペーンをチェックする 

ビューティーオープナージェルの成分の効果・口コミのまとめ

スキンケアの時短アイテムとしてオールインワンジェルが使われることが多いのですが…

ビューティーオープナージェルの場合は、卵殻膜エキスなどエイジングケア出来る成分によって肌の変化が期待できるオールインワンジェルです。

美容液(ブースターの役割を果たす導入美容液)のビューティーオープナーも、もちろんお勧めですが、ビューティーオープナージェルはこれ一本でスキンケアが完了してしまうのは魅力的です。

もし、オールインワンタイプで化粧品を探している人は試してみて損がないと思います。

>>ビューティーオープナージェルの公式サイトを見てみる